うつ・パニック障害療養日記

うつ病・パニック障害を薬物治療や行動療法によって療養、フリーター(1人暮らし)を目指す日記です。

SNSでは孤独感の払拭や自分の存在を認知してもらうことは難しい

こんにちは、とろニーです。

今日は以前から書きたいことがあったのでそれを書きます。

今日はそれと病院の書き物をこなしたらOK!と昨日の自分が言っていたので。笑
それだけちゃんとやろうと思います。

以前から書きたかった事というのはSNSでの話。

Twitterでのちょっとした挨拶でも心が暖まる

Twitterなどにはフォローする際に相手の方に
フォローしました!
とかって挨拶したりする文化がありますよね。

逆にそういった挨拶をしないでフォローする事を無言フォローと言ったりもしますが

以前は私も特に挨拶はしておらず、無言フォロー一択でした。


でも私をフォローしてくれた方が挨拶をしてフォローしてくれたので、これからは自分もやっていこうと
無言フォローを止めて一言添えてフォローするようになりました。

するとフォローした相手から
よろしく!
とか
こちらこそよろしくお願いします!
などと返事を貰って、尚且フォローも返して頂けるようになりました。

人とのコミュニケーションが全く取れていなかった私には、そのちょっとした挨拶だけでもとても嬉しいものでした。

返信メッセージを受けとると短いものでもほわーっと心が暖まるのを感じました。


単純なものですけどね。

私の現在のフォロー数は12
フォロワー数は11です。

まだまだ経験も少ないですし、積極的に利用をしているわけでもないのでこんなものです。

そこで、フォローとフォロワーを増やそうと思って積極的に挨拶周りをしようと思うと問題が発生します。

共感出来る人が少ない

Twitterにはうつ病を抱えている人
パニック障害を抱えている人それぞれ沢山います。

でも私のように、十代からうつ病になった人
知人や友人もいないような人は少ないです。

Twitterにいるうつ病になった人の経緯は大半が職場で~...とかです。

ちょっと私には共感しづらいんです。

パニック障害の療養でも友人や母親と電車に乗ってきました~
という人が多くこれまた共感が出来ない。


十代で今うつ病で悩んでいる子は沢山います。
でもそういう子をフォローしていいものか悩みます...。

プロフィールとかを見て
頑張って!応援してるよ!とは思うんですけどね...、一番共感しやすい存在ですし。


辛い現状と戦っている人は誰でもあっても、どんな経緯で病気になったとか関係なく応援したいです。

でもフォローとなると、誰をフォローしたらいいのか迷ってしまいます。
誰でもいいわけではないですし、フォロワー数が凄い多い人だと気が引けてしまいます。

完全に悪口になりますが、犬や猫のアイコンでフォロワー数が多い人とかは敬遠しちゃいます...。

めちゃくちゃ性格悪くてごめんなさい...。

なんというか丁度いい人がいないんです。
Twitter始めたてくらいでまだフォロワー数二桁くらいだったらフォローもしやすいんですが
4桁とかになっちゃうと養分にしかならないんじゃないかな...と。

結果孤独感が増す

常々書いてますが、私は知人や友人といった相談相手のいない人間です。

孤独感が常に襲います。

それを埋めるためにSNSを始めたんですが、追い討ちをかけるように孤独感に襲われるようになりました。


まぁ私が人を惹き付けるような何かを持っていないのが悪いんです。
Twitterは情報発信ツールなところがありますからね。

何の情報も持ってない私では...。

まぁこんな感じでマイナス思考に陥ってしまう訳です。


SNSアイデンティティーをさらけ出しているからこそ
自分と似たような人を見つけては、あの人は同じ病気なのに自分よりもフォロワーが多い...。

と思ってしまいフォロー出来ない。
性格も悪いは、積極性もないはの悪循環です。

こんな人間ではフォロワーどころか友人知人も出来るはずがないです。

誰かに自分の存在を認知されたい

Twitterを始めてしまって、数の大小に目がいくようになってしまいましたが

結局、数の大小ではなく
自分の存在に気づいて欲しい!
ただそれだけだったんです。

一人でも良いから
例えば私がこれから先アルバイトが出来たら
あんな状態だったのにアルバイトが出来るようになったんだ、凄いじゃん!
と、自分の存在を認めてくれるような人が欲しかったんです。

でもSNSでそういう人を見つけるのは難しいです。

アルバイトで何か悩みがあったら相談出来るような人。
そういう人を見つけるのは難しいです。


出来るかな?って思っちゃったんです。

深夜のテレビで、性同一性障害の方がスマホゲームの友人としての繋がりから
書類上のパートナーとして認められるまでを記録したドキュメンタリーを見て

自分にもTwitterでの友人からリアルの友人に発展する事が出来るかな?って。

でも難しいです。
難しかったです。


そもそも私はコミュニケーションを取るのが苦手です。
もしかしたらリアルでのコミュニケーションよりもネットでのコミュニケーションの方が苦手かもしれないくらい苦手なんです。

Twitterで共感する話題があっても、それに対する返信も躊躇してしまって中々出来ないですし

このブログでもコメントを貰っても返信が出来ず、スターを付けるだけで済ませちゃったりしてます。(申し訳ありません)

こんな人間では人に認知されるように積極的に人と関わることは難しいと感じました。

解決策

でもなんとか相談できる相手くらいはいて欲しいです。

アルバイトを今後やるにあたって、絶対に何らかの問題が発生します。

それを相談する相手がいないとまた自滅してしまいます。


そこで考えたのがメンタルクリニックへ通うこと。
カウンセリングです。

これなら2週に一回くらいのペースで通って、気持ちの面でのストレスを相談する事が出来るかもしれませんし
聞いてくれることで楽になるかもしれません。

何度も書いてますが、現在通院している病院にはカウンセリングがありません。

なので2つの病院に通うことになります。

そうすると診察代がバカにならない。
そこで最初の今日の予定の1つである病院の書き物が出てきます。

以前書きましたが
これは記入して、役所に申請して受理してもらえれば通院中の病院の診察代やお薬代の負担が1割かそれ以下になる
というものです。

これが受理されればメンタルクリニックへ通うのも少しばかり楽になると思います。


友人や知人をつくるというのはとりあえず諦めて...
アルバイトを始めた後のストレスの相談ができる環境を築いていこうということです。

うつ病の治療の為にもカウンセリングは必要だと思いますしね。

アルバイトが出来ればその内友人も出来るさ!...と思いたい...。

とりあえずはアルバイトを始める。
社会へ向かうという目的をブレさせないためにもSNSでの孤独感はあまり気にしないようにしたいです。

最後に

同じような気持ちの方いるでしょうか?
もしかしたら既にメンタルクリニックに通っていて
尚且孤独感が満たされないという方もいるかもしれませんね。

私も同じですよ!
とハイッ!ハイッ!と挙手したいくらいの気持ちです。

私もメンタルクリニックに行くだけで何もかも解決するとは思っていませんし
SNSでの孤独感を気にしない!
といってもまた気にしてしまうと思います。

大丈夫!大丈夫だよ!
大丈夫なんだよ!

そう言って寄り添ってくれる方欲しいですよね...。

だから私から皆さんへ

大丈夫だよ!

って言ってあげたいです。

何にもならないかもしれませんが

大丈夫!きっと大丈夫!!

と。


ではでは。


ランキングに参加しています。
↓クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ