うつ・パニック障害療養日記

うつ病・パニック障害を薬物治療や行動療法によって療養、フリーター(1人暮らし)を目指す日記です。

本を借りてきました。本を音読して発声を改善するぞ!

こんばんは、とろニーです。

現在午前4時、昨日は怠惰な1日でしたぁ~。

ゲイやバイの方と繋がる為のTwitterアカウントを作っただけでほぼ終了。

困った事があったとかじゃなくほとんどベッドの上で寝る訳でもなく横になっていました。
これはうつとかの問題じゃなく私の長年培った引きこもり精神の賜物でしょう...。

外に出なきゃ!そうは思うも雨だったりしましたから...明日も雨らしいけど...。

そんな中思うこともあったので今度書きますね。

先日借りてきた本の紹介

本を借りてどんなことをするのかは以前書いたので、どんな本を借りたかの紹介から。


まずは絵本から


  • ごんぎつね
  • ぼくのはなさいたけど・・・
  • げんきをだしてウィリアム

ごんぎつねは有名ですよね。
私も国語の教科書で読んだのを覚えています。(内容を憶えているとはいってない)

他のは内容をチラッとみて、なんだか夜子供を寝かしつける時に読むような優しそうなお話なので借りてみました。


他にはこんな2冊も


聞く力はベストセラーになった阿川佐和子さんの本です。
前回行ったときには借りられていて無かったんですが、今回はあったのでたぶん読まない可能性大ですが...一応勉強になるかなと思い借りてみました。

シェイクスピア物語は短くまとめられたシェイクスピアの作品(ロミオとジュリエット等)が書かれているものなのでこれも音読に使えるかな?と借りてみました。
複数の話がまとまっているのでお得感ある!


悪気はない、気のせいかもしれないですけど、この本を受付に持っていくだけでも恥ずかしかったんですが、対応された女性に「フンッ」と鼻で笑われた感じがしたのはちょっと辛かったかな...。笑


音読をしてどうするか...

本を机に置き...

パシャ!パシャ!

押し入れ(スッ...)

( ´・ω・`)

読みます読みます読みますよ!
今度こそ読みます!

祖母にも恥ずかしながら伝えたんですよ...「話す練習のために部屋で声に出して本を読むけど気にしないでね」と
まぁ耳の遠い祖母には関係ないのですが、一応伝えとかないとね。

しかし淡々とやっていても続かないというのは分かりきっているので、YouTubeといわずにTwitterで発声練習アカウントを作ってそこで公開しながらやっていこうかなと思ってます。

聞いてくれる人が居なくてもいいですけど、ある程度の緊張感を持つ必要がありますしね。そういう人を意識しながら読むための対応です。

自分に似た悩みを抱えている方も見えないだけでいそうですしね。そういう人へ「こういう方法があるよ!」とダイレクトに教えることも出来るかもしれません。

まぁまず私が上手くいけばの話しですが...。


そういうアカウントからの連鎖的な発展的発声練習方も考えたんです。

ゲイ・バイ垢を作ったんですが、結構電話で話したいという人が多いんですね。

そういう人とゲイ垢でまず仲良くなったり募集をかけたりして、発声練習垢で公開した何らかの電話ツールで連絡を取る。

これで人とお話しするより実践的な発声練習になる!

話の流れを作るのが難しいので始めから話す内容をあらかじめ決めて、インタビュアーとして相手の話を聞く。

ここで『聞く力』が活きてくるわけですよ。(これは今考えた)


まぁそんな風に上手くいけばやっていきたいですねぇ。


ちいさなちいさな王子様の帯

本の帯って興味を引くため色々な方がコメントを出されていますよね。

俳優、アイドル、スポーツ選手...

その図書館ではいくつかの本の、1ページ目の白紙部分に帯が貼られています。

ちいさなちいさな王子様にも貼られていました。

それがコレ

これはどうだろうか...。


ではでは。


ランキングに参加しています。
↓クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ