うつ・パニック障害療養日記

うつ病・パニック障害を薬物治療や行動療法によって療養、フリーター(1人暮らし)を目指す日記です。

もう気持ち悪いなんて言わせない!ボソボソ声、聞こえづらい声の原因・改善法まとめ

こんばんは、とろニーです。

今日は外には出ず発声練習の音読ばかりしておりました。
計5時間くらいはやってたんじゃないですかね?

最初は家人もいるので恥じらいがありましたが、それが少なくなってくるとあとはなんだか楽しくなってきました。笑

そういえば私は国語の時間の音読とかも好きなタイプでした。
性に合ってるんですかね、これで発声が良くなってくれればバッチリなんですが...。

やみくもに音読していても良くないと思い、発声が悪い原因や良くなる方法を調べてみましたので、私と同じような人の参考になるかもしれないのでまとめておきます。

ボソボソ声、聞こえづらい声になってしまう原因

改善方法の前に原因から
これだけでも意識して直していくと良くなっていく人もいるかもしれません。

箇条書きしていくと

  • 喉の奥が締まってしまっている
  • 背筋が曲がっている
  • 表情が暗い(口角が下がっている)
  • 舌の動きが悪い

ほとんどの場所で同じようなことが指摘されていたのでこれらが主な原因なのでしょう。

一つ一つ受け売りではありますが説明していくと

喉の奥が締まってしまっている。というのは「お腹から声が出ていない」というよく聞くフレーズに言い替える事が出来ます。

このお腹から声を出す方法も下に改善法を書いていきますので少々お待ちを。

背筋が曲がっている。これは実際音読をしていると気づきますが、目の前の紙や本を読もうとすると自然と曲がってしまいます。
特に最近はスマホのせいで猫背になっている人も多いのでこれが原因で聞こえづらい声になってしまっている方もいるんじゃないでしょうか?

口角は人によって元々の形があるのでその場合はどうにも出来ませんが、ハキハキ話す方は皆一様に笑顔ですよね。
暗い顔でハキハキと話す人はいないと思います。
これも対策があるので下に書いてます。

舌の動きが悪い。これは気づきにくい事ですから、どういう風に悪いのかは分かりにくかったんですが、どうすれば良くなるのかは解説してくれたサイト等があったのでこれも受け売りで説明していきます。


ハキハキとした声を出せるようにするトレーニング法

ここからはトレーニング法です。
実践してハキハキとした発声を手にいれましょう!

まずは上に箇条書きした原因への対策から

喉が締まっている場合は喉開けトレーニングというものをすると良いようです。

やり方は、舌をグーっと出来る限り出して何でも良いので発声する。(例、おはようございます、あいうえお等)

他にも「あー」と発音する際に軽く口を上げて奥歯が上に上がっているような状態で強く息を「ハッ!」と出してみる。
そのまま息に声をのせる形で発声すると喉を開けた状態で発声出来るようです。

喉が開いている状態が体感出来るものとして、あくびをしている状態。この状態が喉が開いている状態らしいです。


背筋が曲がっている。これに関しては背筋を伸ばして話すように意識するしかないですよね...。
まぁスーパーのレジとかでも背筋が丸まっている方とかはボソボソとした声で、背筋がピンと伸びた方はハキハキとされた声の方が多いので、簡単なことでも大事な事っぽいです。癖で猫背になっちゃったりしますからね。そういう意味では一番直すのが難しいところかもしれませんね。


口角が下がっている、表情が暗い方の対策も簡単なものです。
笑顔をつくる。「い」の発音でも首筋の筋肉を使うのではなく表情筋を使うように意識をして表情筋を鍛えて口角を上げるように意識をするとスムーズな発音が出来るようになるようです。

表情筋がつく前であっても笑顔を作りながら発声すると、ただ発声するよりも明るい声になって効果的なのが分かります。


舌の動きが悪い。舌の筋肉は落ちやすくもあり、つきやすくもあるので継続が大事らしいです。
レーニング方法は上のべーっと舌を出しながら発声するのもそうですが、もう一つは舌を歯の裏側につけ、時計回りに5回、反時計回りに5回舌を回すというもの。

結構キツイです。でもちょっとキツイくらいがちょうど良いらしいです。


他にも対策として、声のトーンを上げる。というのもありました。
余所行きの声というのでしょうか?そういう声を意識的に出せるようにするのが良いらしいです。

レーニング法もあって、唇をプルプルプルプルと震わせる(リップロールというらしい)あれが効果的らしいです。

あとは遠くに声を出すようなイメージで話すなどもありました。


まとめ

とりあえず目についたものは全部やってみました。

効果のほどは...あるんじゃないですかね?特に私は「笑顔をつくる」「声のトーンを上げる」がすぐに効果を感じられました。
効果のほどを聞かせられないのがツラい!説得力に欠けますよね...。

14日位にTwitterを再開しようと思っているのでそうなれば「ごんぎつね」の音読でもアップロードしようと思います。
まだまだ練習中ですからね、笑わないでくださいね...?

ここから良くなっていくんですから!

著作権的には大丈夫なのかしら?そこがちょっと心配。
あとハキハキ喋る以前に、噛まずに滑舌良く発声するのって難しい!
歌手や声優の凄さを痛感しました...。

他の練習は効果が出るには繰り返しですかねぇ。とりあえずは続けてみます。

ハキハキと「おはようございます!」何か言われたら「はいっ!」と返事が出来る人になりたい。というか戻りたい...。

昔は出来る子だったんだけどなぁ...、スポーツ少年でクラブの部長で...。

まぁ昔の話を持ち出しても仕方ないですね...。ゴミのような無駄なプライドが捨てられないでいる蛆虫です...。

そんな蛆虫が努力する姿をどうか応援してやってください!
お願いします!


でも最後に元も子もないことを...。
こういう練習は家でしてたらいつまでたっても求めるような大きな声でハキハキした声にはならないと思うの...。
カラオケBOXにでも行ってやった方が良いのかしら?
これから音読をする方も出来る限り声を出せるような環境でやることをお勧めします。

田舎のおじいさんおばあさんとか声大きいですもんね。


因みに音読と朗読の違いは、朗読も音読の一種ですが、中でも特別感情を込めて読むことを朗読というらしいです。
私のは音読ですね。棒読みちゃん以上に棒読みです。


ではでは。


ランキングに参加しています。
↓クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ