うつ・パニック障害療養日記

うつ病・パニック障害を薬物治療や行動療法によって療養、フリーター(1人暮らし)を目指す日記です。

カウンセリングを受けられる病院は少ない!&見つけた病院の先生の声が加藤登紀子さんだった話

おはようございます、とろニーです。

昨日は中々色々ありましたので書いていきます。

その前に、最近うつ病関連の事ばかりでパニック障害認知行動療法のチャレンジはあまり出来てませんね。

まぁうつ病抱えながら散歩するのだけでも結構いっぱいいっぱいな所ありますからね。

でも通りすぎるバスを見ながら、あぁ最近乗ってないなぁなんて思ったり...。

電車とかいつ乗れるようになるんでしょうかね。想定もつきません。


カウンセリングを受けられる病院は少ない!

昨日は沢山沢山電話をしました。
もー...本当大変でしたよ...。
大変でしたけど

「あのー問い合わせしたいことがあるんですけど、現在他の精神科に通ってるんですね、それでそこにはカウンセリングがないのでこちらの病院でカウンセリングを受けることは出来ないかと」

「すいません、うちもカウンセリングないんですよ」

「あっそうですか、すみませんありがとうございます」

基本この流れだったので書くことも少ないんですけど、10件以上これを繰り返しましたからね。

思ったことは

カウンセリングのある心療内科・精神科は少ない

ということ。

場所によってはそんなこともないんでしょうし、行動範囲を広げられればもうちょっと調べやすいんでしょうけど、パニック障害ゆえに()

それにしても少ないですよ。

あったとしても予約が1ヶ月先&保険が利かないので毎度4,000円かかるって...。

\(・o・)/サンザーイ!サンザーイ!

これ本当に病院か?ってなところもありました。

まぁとりあえず見つかって良かったです。一安心。


ようやく発見したのは加藤登紀子さん声の圧倒的な雰囲気の先生の病院でした

まだ当然詳細は分からないんですけど、女性が一人で診ている病院っぽいです。

他と違ったところは、受付でカウンセリングが受けられるかについて問い合わせると、先生と繋いでくれたこと。

ビックリしました。
まぁ開いてすぐに電話したから繋げられたんでしょうけど。

そこで話した内容はちょっと一方的なものでした。

「別の病院に通っています(中略)...などの薬を飲んでいます」

「うーん、私ならその薬は出さないわね、パニック障害なんでしょ?その薬は出さない。だってパニック障害は周囲のストレスからきているんですもの」

「でも効いてはいるので効果はあるとおもうんですけど」

「でもそういう薬は製薬会社のお金の問題がね...」

「...うーん、そうですかぁ?半笑」

「そう。笑」

「でも効果は...!」

「その治療を続けたいというなら、うーん...うちには来ない方が良いんじゃないかしら?」

「そうですか...はい」

なんの誇張もないです。
なんならもっと圧倒的だったと思います。
それで最初は、病院的にカウンセリングは受けられそうだけど、先生の方から診察を断られた。的な印象を受けたんです。


でも私はこういう自分の考えを否定する人大好きなんですよ。笑
大好物といった方がいいかもしれません。

学生の時も自分を否定する教師と話てグヌヌ...( ;゚皿゚)って顔させるのが好きでしたから。


それにカウンセリング受けられそうな病院がやっと見つかった訳です。
それまで断られ続けて心もヒートアップしてます。簡単には諦められない!

もう一度同じ病院へかけ直しました。
受診料と予約が出来るかを尋ねるためです。

そしたら受診料は初回は3,000円ほどで、次回からは1,500円と薬代が。とおおよそ想定していた価格と一致していました。

あとは予約出来るかと、先生に私の診察をする意思があるかの確認でした。

逸っていた私は、受診料のお話を聞いたあと

「もう一度先生とお話しできませんか?」

と受付の方に尋ねました。
すると受付のが方は

「先ほど先生はどんな風に話してらっしゃったんですか?」

「略」

「それならそういうことだとおもうんですけど...」

「もう一度話させてください!」

こうなるともうクレーマーの様です。


先生は電話を代わり、さっきと同じ人というのが分かると

「じゃあ診察に来てみなさいな」

と言いました。
面倒だったのでしょう。
少し口論も覚悟していたので呆気にとられながら、は、はいと空返事をした私に詰めるように。

「いつがいいの?」

と尋ねる先生。
私は臆しながら

「それはでも受付の方の方が分かるかと...受付の方に代わってもらえれば(先生はこの時診察中)」

でも私の目の前には病院のスケジュール表と電話番号が書かれたページがありました。

「えーっと週(覚えていない)日やっているんですよね?」

「そうそう、じゃあ28日(来週)来る?」

「えっ?あっあぁ...はい!お願いします。」

「フフッ、時間は?お昼とかどう?」

「あっ、じゃあお願いします」

「じゃあ28日の○○時前に来てね」

という感じで予約が終わりました。

もう本当になんの誇張もないんですよ。
圧倒的な雰囲気があるんです。
でも不思議と恐くはないんですよね。

しかも厳しいGoogleや病院のクチコミサイトの評判も良い。
声は加藤登紀子さんに激似でした。

多分推定50以上くらいでしょうか?(45歳以上と書きたいところでしたがちょっと攻めました)

なんか実際にお会いするのが楽しみになりました。
それに一度私の通院している病院を否定してますからね。

じゃああなたはどんな治療法で私を治してくれるんだい?ってところです。

臨むところじゃーい!!

ヾ(≧皿≦メ)ノ))


問題はある程度片付いた。でもなんだか...

昨日は電話が終わったら即効寝ました。
夜寝てませんでしたから。

起きたのが20時くらいだったでしょうか。
夕飯を食べたあとTSUTAYAに見られなかった映画やらを返却しに行きました。
期限はもう少し先でしたが置いといても仕方がないですからね。
今後DVDは借りられませんね。
CDは取り込めるのでそこを喜びましょうか。
長時間の再生が困難なのかしら?


本も返却したし、CDDVDも返却したし、カウンセリングの病院も見つかったし、内科は予約なしで歩いても行ける近くの病院。

大筋の計画通りに進んでます。
スッキリとした部分もあります。

しかしなんだかなモヤモヤしている。
あー...声を出さないと落ち着かないような。

でもこのモヤモヤの原因にももしかしたら気づけたかもしれません。

私のではなく他の人の悩みなんだと思います。
何故か自分が持ってきちゃって考え込んでいる。

多分そんな感じ。
だって今の私には特に不安に感じなきゃいけない事なんてないですもん。

うつ病とは10年以上付き合ってますけどこんなことは今までなかったです。

多分SNSで悩みを抱えている人達の心配事を一緒に考えようとしちゃっているのでしょう。

悪いことではないですが、モヤモヤ感はイヤなのでキチンと自分の心、身体と分離させて考えましょう。
それに自分が解決出来ることなどないでしょうからね。心配するのは無駄なことです。


そんな感じです。
今日は出来れば内科にでも行きたいところです。
内科がどのくらいお金がかかるか分からないんですよね。

今日行っておけば今後の金銭面での見通しがある程度立つので行きたいと思ってます。


昨日早朝に暇潰しに散歩して撮影した写真

日に向かって伸びる枯れ木達


ではでは。


ランキングに参加しています。
↓クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ