うつ・パニック障害療養日記

うつ病・パニック障害を薬物治療や行動療法によって療養、フリーター(1人暮らし)を目指す日記です。

アルバイト開始から2ヶ月、色々な事がありました...

こんにちは、とろニーです

前回の更新から大分間が開きましたし、タイトルにはアルバイト開始から2ヶ月と書いてますが、正味あと少しで3ヶ月なんですよね...苦笑

でも色々あって書く気力がなくなってしまっていました

この中には自業自得もありましたし、自分にはどうしようも出来ない事情もありました

ようやく少し落ち着いてきたのと、頭の中を整理するため前回の記事からの出来事を 少し書いていきます


始めにアルバイトの事情について

私は継続してドラッグストアでバイトをしている訳ですが、最初の内はコロナどうこうでもそんなにてんやわんやということもなかったんです

というのもコロナウイルスが取り上げ始められた頃、私はまだレジなど接客を主とした場所を任されていませんでしたから...

その間も社員さんはクレームの対応で苦心している様を見てきましたが、私はあまり気にしないようにしてました

あくまで世間がウイルスというどうしようもないものに対して、情報が錯綜してパニックを感じているだけだと...


でも事情が変わりました

丁度志村けんさんの訃報が届いたあとからです

「若い奴より年寄りの方が死ぬ可能性が高いのだから、こっちに回せ!」

そんな横暴な事を言うお年寄り等のマスクを巡る争いが起こり始めました


そんな折りに私はレジに入る機会が増え接客をする時間が増えました

すると余裕のないお年寄りの怒鳴る声や、店内に入る際のアルコールスプレーを噴こうとしたら切れてた!直して!などのクレームを聞くことも増えました

しかしマスクにしても、アルコールスプレーにしても補充出来るような余裕がないので、一応近くにいた社員さんに伝えても苦笑いで返されるだけでした

店内が緊張感と重苦しい雰囲気に包まれることもありました


とにかく、どうしようもないことを言われる事にため息をつくことが増えました

自分の会計などによるミスなら当然素直に謝れるのですが、そうでないものには「何故?」という気持ちが心に有りながらも店員として「申し訳ありません」と頭を下げなければならない状況に嫌気が差し始めました

マスクが納入され店内に並べられれば、なんの広告も出してないのに、どこからか話を聞いたお客さんが集まって長蛇の列が出来ます


それにプラスしてコロナとは無関係の意味の分からないクレームをつける人もいました

ある時はコロナによるサービスの一時停止の報告をレシートと一緒に渡すとそのレシートの意味を読めば良いのにその場で聞いてくる(その間にも列ができる)

説明を始めようとすると、お客さんと店員の間に透明なカーテンが現在設置されていますよね

あれを叩きながら「聞こえねぇんだよ、コレがあるから!」と言われる

心の中で「耳が悪いだけなのでは...」
と思いつつ説明する

納得したのかしてないのか不機嫌な顔をしながらレシートを「イラン!」と言って置いていく

しかもそのあと、「おい」と声をかけられ「コレ、袋に入らねぇよなぁ」と言われたので見てみると

持ち運べるようなクリップ付き選択物干しがありました

(いや、手で持っていけよ...)

と思いながら、本来渡さない別用途のサイズの袋を渡しました
渡しても尚グチグチと言い続けているのを見るとそういうオジサンなのだなと思いました

別に袋を要求されるのは構いませんし、レシートの説明を求められるのも構いません

しかし高圧的に接される理由が理解出来ずにモヤモヤしました

こういう人は相手が明らかな年下だからと見下してそういう対応を取るのでしょう


一番の大声を出されて、ビクッ!としたのは別のオジサンのレジ対応をしている時でした

三桁の支払いに一万円を出されて、形式的に「コチラ一万円からで宜しいでしょうか?」と尋ねました

要は端数を払うかどうかということですね
実際そのオジサンはお財布の中を確認する仕草をしていたので、確認するのは当然のことでした

しかしそのオジサンはその言葉に反応しこう言いました

「コレ一万円だろ?!一万円じゃないのか?!違うだろ!」

大声です、しかも透明のカーテンの中まで入ってきて店中に響くような声で怒鳴られました

あまりにビックリして視線を左に向けると並んでいたお客さんもギョッとしていました

これはいけない、と確認した理由を説明すると、今度はドラッグストアの店員は皆声がちいせぇんだよ!前から思ってたとグチグチと言うのです

耳が遠いんですよね...

他のお客さんには通じてますし、大体キレるのはご老人なのです


とりあえずそのお客さんの対応が終わって、次に中年の男性のレジ対応をしましたがその方は

お疲れ

というような、微笑みを浮かべながら会計終了時に「ありがとう」と仰ってくれました

まぁ、色んな人がいる
悪い人ばかりではない、でも恐怖やマイナスの感情は引きずります

圧倒的にちゃんとこなした量の方が多いですし、会計ミスは最初の内とパニック発作が出てたときにしてしまったくらいで、あとは特に大きなミスはないです

でも今でも思い出されてしまうんです
一万円オジサンの怒鳴っているときの少し口角が上がっている顔を

あの人はきっとレジに来るずっと前からイライラしていて、レジでその全てを発散するように怒鳴ったのだと思います

そしてさぞ本人としてはその瞬間気持ち良かったことと思います

私としてはレジ店員として最悪の経験になりましたが...


次に中年の子連れの男性の案件 

私のバイトするドラッグストアでは専用のポイントカードがあります
そのポイントカードに一定のポイント分貯まると使用でき、貯まると同時にお知らせとして「ポイントが使用できますよ~」というお知らせが発行されます

重要なのはあくまでお客さんへその事を伝えるための(口頭でも伝えますが)紙なんです

なので店内の放送でもポイントを使用するときは店員に一声かけて

と流れています

それらを踏まえた上でこんなことがありました


以前発行されたポイントを加算するレシート大量、前述したサービス停止のお知らせ、ポイントが貯まったお知らせを同時に出してきたのです

ポイント加算用のレシートはどれだけ出されても期限内のものであれば別に構わないのですが、問題はお知らせの紙を二枚出したこと

どちらもレジで提示するものではありません

私はこう解釈してしまいました

「ポイント加算用のレシートを大量に出す時に間違って出したのだろう」

何故なら会計中何も言わなかったからです

何も言わずにレジに通した会計時の支払い額をトレーに出されたのです


しかし私の対応はお客さんから見たら間違っていたようで、会計が終わったあとになって「これポイント使った?」と事後確認してきたのです

「いや、何も言われなかったので...」

「コレ(お客様用のお知らせ)出したじゃん」

「いや、これはですね...」

説明して納得したようなしないようなムッすりとした顔をされていたので

「会計をしなおしましょうか?」

と尋ねると「いいわもう」と首を傾げながら帰って行きました


店員さんとのコミュニケーションて大事!言わないと分からないです
残念ながらアルバイトですからその道のプロでもないですからね

クレジットカードでの支払いでもカードを出したらそれで終わりではないですからね、一括か分割か尋ねなきゃいけない訳ですから「一括でお願いします」と言ってカードを出すのが本来の使い方です

カードの使い方にもそのように書かれていると思います

他でどうかは知りません
私は言ってくれないと分からない、そして会計が終わってから言うな!!


そして最後の案件、コレが一番最近で、私の方にも反省する所はありましたが一番イライラしました

簡単な話です
桁等は忘れましたが、札を出してから端数をすんごいゆっくり出してきたんです

9円ほど(重要)

私はあまりにも遅いので先にトレーに置かれた札を受け取り小銭の支払いを待ちました

小銭支払いがあまりにも遅いのと閉店時間が過ぎていたのでちょっと焦って、小銭を出している間にトレー既に出された小銭を回収してました

で、やっと出し終わり会計が終わると小銭がじゃらじゃらと出てきました

「え?」

って思いました

お客さんも同じ気持ちでした

「コレ...なんかミスってない?」

そう尋ねられましたが、機械による自動会計なのでミスはありません

なので出てきたレシートを確認してみました

すると9円支払ったはずが11円支払っていたんです

それによって小銭がじゃらじゃらと...

多分他にもお客さん側に計算ミスがあったんだと思いますが、一番目についたのは一番下の会計9円に対しての11円の支払いでした

私は「あっ、これ11円出されてますねなので小銭が出てきたのだと...」

と説明すると

「確認しろよ!」

怒られました

「えっ...?」

ドン引き気味に声が出てしまいました

だって自分の支払いミスじゃないですか~やだ~


この件に関しては主治医にも話しました

すると、「聞いてるだけでイライラする話だね...だって支払い過ぎた2円は返ったんでしょ?」

と苦笑い
ちょっとだけ私の心は救われましたが

主治医も私も最もイラッとしたのはその客の去り際の「反省してねぇだろ!」

という言葉でした

主治医は「反省って言われてもねぇ...」

と同情してくれました


そんなこんなで結構メンタルに響く事がバイト先で続きました


そして、その前後で私の認知症で寝たきりの祖父が急性心不全で亡くなりました

キッツい話です

バイトでストレス、祖父の突然の死と葬式で悲しみに暮れ

正直現在の私は心身ボロボロです

腹痛に襲われて、しばらく腹を下しっぱなしですし、それがレジをしてるときつい...


しかも親知らずとか抜いたりして本当にボロボロです...

まぁコレは自業自得です


4月の間には躁状態による暴走もありました

自転車(ママチャリ)で親戚のお墓を参りに往復400kmの旅に出てしまいました

完全なる暴走です

冷静に振り返るとなんであんなことをしたのか全くわかりません...

いや、目的はありましたTwitterで知り合った精神疾患の方とお話しするという

でもそれが出来てしまったのは火事場のなんちゃらというか...約2日寝ずに自転車をこぎ続けるなんて事、普通の精神状態では出来ません

しかも家に帰ってすぐにバイトへ行くことになっていたにも関わらず、ハイになって冷静な判断を失っていた私はお酒を飲みました

その日はミスを連発して怒られました
当たり前です

そして、次の日からはうつ状態に落ちて...


大変で大変で大変な1ヶ月でした...

Twitterで知り合った方には他にも会いましたが、なんかそういう人付き合いにも疲れてしまいました...


でもバイト自体は内部の人間関係の特だって悪いところはないのでこのバイトは頑張りたいんです

心はともかくとして、体(腹痛、下痢)だけでも治ってくれればなんとかなるんですが...


行動範囲を広げるためにもローンで原付を購入したりもしましたしね

一人暮らしの資金も貯めなきゃですしね

心理学部の通信制に関しては、私立の一年分の学費だけで卒業まで行けるようなのでそこは学生ローンでなんとかしようかなとか思ってますが

それでもやはりお金が必要、どこのお店もコロナの煽りを受けて営業時間短縮となってますからね、私のところも結構それによるダメージがでかいです(現在の体調を鑑みると、働く時間が短くなることは正直有難いことですが...)


やはり他のアルバイトもする必要があるなとデリバリー配達のバイトをしようと思っている次第です

時給が良いですし、この状況でも需要がありますからね

昔にデリバリー配達をやって、理不尽に怒られて二週間で辞めたことがありましたが、今はスマホもありますし原付の運転にも慣れてきましたからね

しかもスマホを取り付けられる装置が取り付けられていて、より安心して目的地までたどり着く事ができる工夫がされているんですよね

これならできるんじゃ?と結構意欲的です


あとは体調さえ回復すればなんとかなりそうなんですが...

いかんせん病院に行きたくてもお金がないし、こんなときに病院に行っていいものかという疑問があるんですよね...(歯医者に行ってる身で言うのもなんですが)

とにもかくにもお金が必要なんですよねぇ


一人暮らしも急務で

祖父が亡くなって、色々事務的なことで忙しいのは分かりますが祖母のヒステリックさが悪化して、母親の知的障害も悪化して正直もう限界なんですよね...


まぁそれでも大学生になるという一つの目標が手が届きそうな所まできているわけですから、もう一踏ん張りしたいです

なんとか...なんとか...


ちょっとその為に吐き出す場を作ろうかなと思ってるんですよね

ここも最初はそうだったんですが、やはりTwitterとかの方が手軽ですし、共感や応援が貰えて励まされたりしますから


でも親戚宅から帰ったあと鬱転して勢いのままに持っていたTwitterアカウントを消してしまったんですよねぇ...

まぁTwitterの人間関係というのは薄っぺらなものですからそこで築いた関係性が崩れようと大したことはないんです

それに人と繋がる事を目的としたアカウントはもういいかな...と

もう人付き合いは疲れました...


目的を見失わないためにも、精神疾患アイデンティティーとして人と繋がる事を目的としたアカウントではなく

一人暮らしをする資金を貯めるまでの間の日記、思い、不平不満を呟いていこうかなと

やっぱり溜め込むというのは健康に悪いですし、だからといって話し相手もいないですからね

Twitterで呟くことで少しでも楽になれば...という考えです

そんな甘くもないでしょうが、期限を現在バイト中のドラッグストアとの契約が満了する3ヶ月と決めて、その3ヶ月で一人暮らし用の資金を他のバイトもしながら貯めよう!みたいなアカウントです

それが終われば、いやもしかしたら期間中になるかもしれませんが通信制へ入学して心理学部に通う学生としてのアカウントも作るかもしれません


まぁとにかく色々ギリギリな感じですが使える手段は使ってなんとかやっていこうと思います

ランキングに参加しています。
↓クリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ